自律神経とは

lgf01a201402031100

自律神経とは、呼吸器、消化器、循環器など、自分の意思とは無関係に、
生命の維持や調節を行うために、24時間休むことなく活動をしている神経システムです。

脳や身体を動かす(戦う)ときには「交感神経系」が優位に働き、
リラックスし、消化器系を働かせ、細胞の修復を行う(休息)ときには
「副交感神経系」が優位になります。

交感神経と副交感神経

交感神経と副交感神経が働くと、身体はそれぞれ以下の表のような状態になります。
(<>内は、亢進し過ぎた状態の症状例です。)

交感神経 身体 副交感神経
拡大する 瞳孔(ひとみ) 縮小する
血管が縮小、
涙が減る
涙腺 血管が拡張、
涙が増える
減少、粘り気
<喉が渇く>
唾液(消化液)の分泌 増加、サラサラ
胃液の分泌が減少
<胃もたれ>
胃の運動 胃液(胃散)の
分泌が増加
<胃けいれん>
動きが鈍る
<便秘>
腸の蠕動 動きが活発
<腹痛・下痢>
緩み、
気管内径が広くなる
気管の平滑筋 収縮し、
気管内径が狭くなる
<喘息>
増加
<頻脈>
心拍数 減少
<徐脈>
緊張
<肩こり・腰痛>
筋肉 弛緩
<脱力>
収縮し、
血圧が上がる
末梢血管 拡張し、
血圧が低下
<片頭痛>
汗が多くなる、
濃くなる
汗腺
収縮し、鳥肌が立つ 立毛筋
尿、便を溜める
<便秘>
膀胱、直腸の筋肉 尿、便を押し出す
<下痢>
縮む 子宮 広がる
興奮
<不安・イライラ>
脳、神経 鎮静
<無気力・眠気・落ち込み>
アドレナリン、
ノルアドレナリン
神経伝達物質
(節後線維)
アセチルコリン
顆粒球の増加
<炎症>
免疫 リンパ球の増加
<アレルギー>

以上のように交感神経と副交感神経は、状況や環境に応じて常に互いに牽制・協調し合って、生命活動を最善に保つように働いています。

そして、筋肉の弛緩緊張のコントロールもまた、自律神経と関わりあっています。

常に心身のストレスを抱え、交感神経優位の生活を続けると、
身体は睡眠時であっても筋肉の緊張を保とうとするようになります。

更には、全身の筋肉が緊張状態にあると、自律神経は「戦闘態勢」であるとキャッチし、
ますます交感神経を高ぶらせてゆきます。

この様にして、「休息をとり、自ら復調する」ことができずに慢性症状を抱える人が多くいらっしゃいます。

自律神経のバランスが乱れると?

jiritsu
二つの神経のバランスが乱れることは、様々な生命維持活動が乱れるということです。

慢性化することで、身体に多様な不調の状態を招くこととなりますが、
心の症状とされる うつやパニック症なども、
何かしらの自律神経症状(倦怠感、めまい、下痢や便秘、口が渇く、動悸、息切れ、睡眠障害など)を伴います。

また、自律神経の中枢は、脳の視床下部というところにあるとされています。
この場所は情緒、不安や怒り等の中枢とされる辺縁系と相互連絡しているため、
自律神経は「精神疾患」とされる様々な症状と密接に関わっていると考えられます。

バランスを整えるためには、どうしたら良い?

14643147_945615415540485_2060873381_n

朝陽を浴び、ノビをして深呼吸、少しずつ身体を動かしてゆく。

昼間は全身をよく動かし、食事は愉しく、よく噛み、

夜はゆったりと好きなことをして、お風呂で温まったら、寝るまでの時間は眼を労わり過ごす。

あとは夜の闇に包まれ、心安らかにして眠ること。

一日通してよく笑い、できるならば大切な人との触れ合いを大事に・・。

呼吸法・瞑想・ヨーガ・爪揉みなどに始まり、着るもの・食べもの・音楽・旅・・考え方捉え方、
心身の状態を整えるためにできることは本当に沢山あります。

”無理のある社会生活”の中で、一つでも二つでも、
いのちの自然な営みに沿った”選択をする”かどうか、が要です。

”無理”も”自然に沿う”ことも、一人一人全く別のものかもしれませんが、
共通して、心の奥底で「心地佳い」と感じるところが、心身の元氣の源でしょう。

それらが何かを知り、安心して委ねた選択を重ねてゆくことが、
自分らしい、愛おしい生き方をつくるのだと思うのです。

身体の細胞たちは、今この瞬間も最善を尽くして働いています。
そして素晴らしいことに、
それぞれ一定期間ごとに「生まれ変わる」ことを繰り返しています。

今現在抱えている苦しみから出来る限り早く逃れたい・・その氣持ちは痛いほどに解りますが、
いつしか時間は癒しへと変わります。
焦ることなく、ともに、心地佳い選択を重ねてゆきましょう。

ご予約はこちらからどうぞ

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、お申し込み可能ですので、当サロンをご利用いただくお客様は、どうぞご利用ください。
yoyaku