焦がれた途

saka
あれほどに
恋い焦がれた途なのに、
どうしてだろう

その一歩がどうしても
どうしても踏めなくて
踏みようがなくて
たたずみ泣いたあの人はきっと、
幸せがその先にあると
必死で信じようとして生きてきた自分を今、

抱きしめて抱きしめて、
眠ったのだろうと思う。

2016-11-25 | Posted in ブログ, 日毎フォトNo Comments » 

関連記事